フォト

カテゴリー

最近のトラックバック

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

新代理

1274675020348909_3
プロフィールの使いまわしでごめんなさいヽ(´▽`)/

↑の変な子は新代理です。
terinaには似てないと思うけどそれなりに特徴を合わせたつもりですw

Photo_3
いままでの代理さんありがとう(*゚ー゚*)

この子はオリカビはじめたときに、簡単に書いた代理(?)でした。

で、

Terina_2
こんな色になったりしてたときもヽ(´▽`)/

結構最近なんですよね、この絵…
でもバトンとかやってるうちに完全に緑になったのですね(え

なんという適当さ

じゃあ足の怪我のため病院行って来ます!!

追記

さっき帰ってきました~
うふふケーキ食べた^^*

急に体調悪くなってきました…
頭いたいぞ~
明日学校行きたいのにil||li _| ̄|○ il||li

ではではここで~

Prism ~4.情報屋~

僕とモルセラさんが歩く道の横を時々カービィが通りすぎる。
モルセラさんは一度立ち止まり辺りを見渡した。

「この細い道を通りますよ。せまいから気をつけて。」

そう言ってから、僕達はその細い道へ進んだ。
モルセラさんがやけにしんちょうそうだったのは気のせいだろうか。
細い道を抜けた場所は、小さな広場。中心に円い噴水がある。
見渡すとさっきの細い道以外、何一つ他の道がない。

「モルセラさーん!!ご無沙汰しておりますー!!」

誰の気配もしないその広場に一人噴水に腰掛けていた
そのカービィがこちらへ駆けて来た。見た目、配達員員のような姿をしている。
頭には帽子をかぶり、小さなポシェットを持って、棒付きアメをくわえているようだ。

「ウィル、噂は聞いていますよ。配達試験の監視員を蹴とばしたとか…、
全くとんでもないことをしでかしたようですね。」

「モ、モルセラさん、久しぶりの一言がそれっすか?!
それにしても、そのことは監視員に無かったことにするよう言っておいたけどなぁ…
…えっと、その青い子は?」

青い子、というのは僕のことだろうか。

「この子はミラ。事情があってこの子の身元を探しているのですよ。」

モルセラさんは僕のことをそう説明した。
もしかしてウィルさんに会いに町へ来たのは、僕の身元を探すためだったのだろうか。

「へぇ…。俺はレータ・ウィルソンって言うんだ、配達屋ってのをやってる。
ウィルって呼んでくれ。よろしくなっ」

ウィルさんは初めての対面なのに敬語でないところが、少し親近感をわかせる。

「さて、ミラの身元調べの件ですが…」

言葉が途切れたかと思うと、モルセラさんはバッと後ろを振り向いた。


「気配だけで感づくとはやるな…。」


何者かの低い声が聞こえた後、あの細い道から、6人ほどのカービィ達が出てきた。
1匹ずつ銃などの武器を持っていて、中心のカービィのみ大きな刀を持っている。
なにか、嫌な予感がする。

「その青いチビをこっちによこしな!!」

中心のカービィが、刀を突き出して言った。僕は狙われているようだ。

「ウィル、お願いします。」

「任せてくださいよ!あんな奴ら、ぶっ飛ばしますよ、ハハハッ!」

ウィルさんはポシェットから1本の棒付きアメを取り出し、なんとそれを
体の約3倍ほどに巨大化させた。一体どんな仕掛けになっているんだろう。

「…!!もしやお前は表で町一の配達屋と名乗り、裏では町一の情報屋の実質
を持つレータ・ウィルソンか…。」

中心のカービィが言った。
ウィルさんは世間で知られるほどのカービィだったんだ。
それにしてもこの6人のカービィ達は何者なんだろう。

僕を知っているようだし…。

題名の無い…^^*

今回もとくに書くことはありません(*^.^*)

ただの日記です。
今日友達に更新早くしなさいよ的なことを言われちゃいましたw
はい!小説書けてなくてすみません(^-^;

明日は試合なので頑張ってきます。
帰ってきたら追記しますぞ!コメント返信も同じくです!

追記

試合終わってきたよ!!
結果はともかく、実力を出せた…試合だったと思います。
ダブルスのもう一人の友と励まし合いましたw

今週誕生日ですヽ(´▽`)/何日とは言わないけど(*^-^)
これからもよろしくね^^*

続きからコメントへんしーん!

続きを読む "題名の無い…^^*" »

昼寝したら夜眠れなくなった

今回は特に書くことが無い…というのが正直な…((
拍手返信とバトンだけ書くために更新した感じですw

では雑談でもヽ(´▽`)/

私は猫好きですw道端で見つけるとstkしてる(゚ー゚;
アニメとかですきなのはチーズスイートホームとかくるねこですw

あ、でも知らない人多いかな!

短いけどここで(o・ω・)ノ))

下からメイン(?)の拍手返信とバトン!

続きを読む "昼寝したら夜眠れなくなった" »

Prism ~3.町~

一段落したところで、僕とモルセラさんは町へ向かった。
僕はモルセラさんの背中を追うように付いていく。
こういうことを考えるのは何だが、モルセラさんは本当に綺麗だ。
華やかなオーラが歩き方にもにじみ出ている気がする。

しかし、話してみるとモルセラさんは声が渋かった。
男…なのかな?そうだとしたらオカマとしか…。
気になるなぁ…聞いてみようか。でもこんなこと聞いていいのかな。

はっ、僕はなんてことを考えて…

「ミラ。」

「!!」

「何故そんなに驚いて…まぁいいですが…。
これから私の知り合いに会いに行こうと思っているんです。」

モルセラさんはそれだけ言って、また歩き始めた。
その知り合いというのはどんなカービィなんだろう。
でも、そのモルセラさんの知り合いに会えば、何か聞けるかもしれない。

歩いて、歩いて、足が疲れてきた。歩くスピードが早いまま変わらないせいだ。
そう考えているうちに、目の前に光が見えてきた。
僕が目覚めた時の、あのくらむような光には負けるが…。
モルセラさんは光が見えてきたとたん走り出し、光の中へ消えていった。
そして僕もあわてて光の中へ。まるで光に吸い込まれていくようなような感覚。

「おつかれ。もう森からは抜けましたよ。」

歩いていた時のあの真剣な顔からは信じられない、満面の笑顔だ。

「ちょっと待っていてください」

モルセラさんは少し僕から離れ誰かと連絡をはじめた。
何を話しているかは聞こえないが会話の相手は多分さっき言っていた知り合いだろう。
僕はその間地面の石ころをけったりしていた。

「お待たせしました。…本当は瞬間移動を使った方が移動が楽なのですが…。
なるべく力を使いたくない。ミラ、まだ歩けますか?」

「大丈夫です。」

瞬間移動…!?そうだ、魔法が使えるんだっけ。

「よかった、歩いているばかりでは疲れますからね。では迷子にならないように。
町中は怪しい者がうろついていて大変危険なんですよ。」

迷子…か。僕は相当子供扱いされているようだ。

のんびり…

今日もなんだかんだ言って楽しい日でした(*^-^)
学校とかなんかもう楽しくて…
いやぁ今は体育祭練習ですからね!

ところでまたまた里子ちゃんもらってきちゃいました^^*
今回は、猫さん(猫丸八さん)からのキアーロ・ディルさんというカッコイイ方です((方w
紫の子はいなかったし、美桜さんと気が合いそう(夜行性な所w)だからうれしいヽ(´▽`)/
里子交換させていただけるということなので頑張って考えます!

蒼海風白斗さんからカルディ君という子も頂きましたヽ(´▽`)/
ウサギっ子またもらっちゃったよ(・∀・)ニヤニヤ
ぺリヌちゃんと仲良さそうだな…

想像に付き合っていただきありがとうございましたm(__)m

あ、小説は書いてますよ!
出来るだけ早く皆さんのオリカビを出せるよう書き書きしますので(´Д`;≡;´Д`)

では下から地雷バトン↓

続きを読む "のんびり…" »

もうすぐ体育祭(^q^)

今日もGW前から練習してきた体育祭練習。

なんだ今日の天気o(;△;)o
太陽ギンギンだ砂嵐はごぅごぅだで大変でした(`Д´)
創作ダンスを校庭でやったら砂嵐を直受けました。

部活が無くて楽だけどね!

小説の方は、企画が終わり次第書きます。

拍手・コメント返信↓

続きを読む "もうすぐ体育祭(^q^)" »

嗚呼、ゴールデンウィーク

もう少しで、ていうか明日で終了してしまうGW…。
休みって、何故こんなに早く時がすぎるのかな(ノ_-。)

あ~、annzuさんの声優企画参加したいぃい!!
でもきっと私はあの素敵なオリカビさんたちの声は演技できない\(^o^)/

載せるイラストもないのでGW期間に書いた落書きをちょっと。
あ、雑なのは勘弁してくださいね(゚ε゚)キニシナイ!!

002_4

本人ごとくねてるんじゃないらしい。

001_3

九尾さん。…こっち見んな後ろのw

003_2

二人とも里子さん★
夢ちゃんララちゃんは仲のいい天使だよ(*^-^)

あ、Prismの登場人物参加応募にさっそく来てくれた方が…
こんなてりやきの小説に参加させてくれるなんてなんという神…感謝しますm(__)m

~拍手返信~↓

続きを読む "嗚呼、ゴールデンウィーク" »

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »