フォト

カテゴリー

最近のトラックバック

« 鼻声って辛い | トップページ | おかしうめぇ »

Prism ~5.ケガの功名~

「俺のアメちゃんをなめんなよっ!!」

ウィルさんはその棒付きアメを振り回しながら光の速さで敵を次々と倒していった。
あんなに大きい物を持って走っているなんてすごい体力だ。

「フン、俺にとっちゃあ手下なんかどうでもいい。それよりもこのチビを手に入れれば…」

「!?」

ウィルさんが手下と戦っている間に、敵の中心のリーダーが僕を捕まえた。
大きな刀を突き出されて、今にも刺さりそうだ。怖い…。

「いつの間に!お前、何のためにミラさんを…?」

「そんなことは知ったこっちゃねぇ。俺はボスからこの青いチビをつれてこいと
命令を頂いたからその通りにしているだけだ。」

ボス?そのボスが僕に何の用だろうか。まさか殺されるなんて事…。ないよね?

「は…なせ…。」

その時、ウィルさんはまた光の速さで敵のリーダーの刀を捕った。
なんと、ウィルさんの手に刀が食い込んでいる。刃の部分もまるごと。

「お、お前手が切れるぞ…!?」

「ウィルさん、手を離して!!ぼ、僕のことはいいから!」

あまりにも刀をつかんでいるウィルさんが痛そうで、僕は叫んだ。

「ミラさん、ありがとう。でもぜんっぜん痛く…無い!!」

ボカッ!!

「うがぁ!!!」

その時、ウィルさんは思い切り足で敵のリーダを蹴り飛ばした。
敵のリーダーが刀に目を向けて気がそれている事に、ウィルさんだけが
気づいていたらしい。

「よかった、敵は全員気を失ったみたいだね。」

ウィルさんはニコッと微笑んだ。

「手は…大丈夫ですか?」

「あ~大丈夫大丈夫!アハハッ…いてて。」

「全然痛くないとか言って…傷が深いじゃないですか、見せなさい。」

モルセラさんがいつの間に、救急箱を持ってきていた。
さっきからいなかったのはこれを持って来ていたからなのかな?
…それにしても、自分の手をケガしてまで助けてくれたウィルさん。

「あの、助けてくれてありがとうございました。僕のために…。」

「あぁ、どってことないさ!それに今君がいなくなっちゃったらせっかくのモルセラさんの
俺への依頼が出来なくなっちゃうからね!」

「は、はぁ…。」

「…さっきの敵の連中はミラさんを狙っているようだね。気をつけたほうがいいぜ。
あのリーダーっぽいの、あの調子だともっと強い手下連れてきそうだしなっ」

ケガの手当てが終わった後、ウィルさんは僕の身元調べをしてくれた。

「調べてみたけど、この町には誰もミラさんを知っている方はいなかったみたいだ。」

「そうですか…まぁミラは本名も分からないわけですからね。」

「これはある意味事件と言えると思いますよ、モルセラさん!
俺、この事件の情報をこれからも探して行こうと思います。
何か見つかったらまた連絡しますね!」

ウィルさんは、包帯の巻かれた手に力を入れて張り切っている。
僕はこの手に助けられたのだ。

「ありがとう、ウィル。ではこれで私達は次の場所へ行こうと思います。
次にまた会えるまで、お元気で。」

「いやぁ、、俺はいつまでもモルセラさんを忘れちゃあいませんからっ!!
たとえ全治2ヶ月の大ケガをしようとも…」

「さぁミラ、行きましょうか。」

「あぁあひどいモルセラさ~ん!!あ、ミラさん!モルセラさんの右腕は俺だけだからね!!」

「…はぁ…。」

ウィルさんは見た目通りとても子供っぽくて、その心はとても勇敢だった。
最後に僕は、ウィルさんにたくさんの棒付きアメをもらって、広場を出た。

しかしこのアメ、急にでかくなったりしないか少し心配…。

« 鼻声って辛い | トップページ | おかしうめぇ »

オリカビ小説 Prism」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/128563/48518886

この記事へのトラックバック一覧です: Prism ~5.ケガの功名~:

« 鼻声って辛い | トップページ | おかしうめぇ »